本文へ移動
650年の歴史と伝統を大切にしながら
「幸せへのお手伝い」
行っております。

新着情報とお知らせ

瞽女(ごぜ)
2021-11-18
私の愛読書『到知』からの抜粋です。

 ↓↓↓以下抜粋です。↓↓↓

北陸地方などには、かつて瞽女(ごぜ)と呼ばれる盲目の女性旅芸人た
ちがいました。
小集団で諸国を巡り、三味線を弾き、
唄を唄うことを生業としていました。
 
ここで紹介する小林ハルさんもその
お一人です。
小林さんが瞽女として培った人生観
私たちの生き方に示唆を与えてく
れています。
────────────────
 
(小林)
 
瞽女(ごぜ)は目が見えないので、
必ず「手引き」という目の見える人
と組んで旅に出かけます。
いつも気の合う人と歩ければいい
のですが、そういったことは滅多
になく、あの人と歩いたり、この
人と歩いたりと、いろいろな人と
組まなければなりません。
だから、瞽女の組み合わせは
一つの修行といってもよいかもし
れません。
私はいい人と歩けば祭りだし、
悪い人と一緒だと修行だと思って
いつも歩いてきました。
 
73歳の時、私は老人ホームに入
りました。
このホームに入っている人たちは
ほとんどが目の見える人たちで、
同室になった四人のうち一人だけ
意地悪な人がいました。
その人は私よりも2つか3つ年下
で、連れ合いを亡くし、子どもた
ちがみんな独立して自分一人にな
ったのでホームに入ったようです。
 
入った時からその人は、
私にいろいろな意地悪なことを言
いました。
「目が見えなくたって、ごはんが
食べたいんだか」とか、誕生会で
唄を唄うと「瞽女だと思っていい
気になっている。目の見えないざ
ましていっちょうまえ(一人前)
の気になっている」
と事あるごとに意地悪なことを言
うのです。
 
家のやっかいになるまいと思って
ここに来ましたが、
ここもまた切ないところだなと思
いました。
しかし、年を取ってどこも行くあ
てがなくてここに来たのですから、
諦めるより仕方がありませんでした。
 
どこへ行っても、いくつになって
いろいろな苦労があるものです。
しかし、神仏はすべてお見通しです。
人に言いたいこと、したいことを
何も考えないでしていると、必ず
天罰があたる。
私は決して無理なことを言ったり、
したりしないですべて神仏にお任
せしてきました。
言いたいことはいっぱいありまし
たが、それを口から外に出してし
まえば必ずバチがあたります。
 
ホームでこうやって世話をしても
らうだけでもありがたい。
いくらなんでもこの年になって
外や雨のあたるようなところには
いられないのですから、
ここへ来たらそれが務めだと思っ
て、そういう人に対してはなおさ
ら気がねして努めてきました。
 
考えてみれば、ホームの組み合わ
せは瞽女と同じようなものです。
ホームも組み合わせで良い人と組
めば祭りだし、悪い人と組めば修
行です。
それでも瞽女は短くて1か月、
長旅でも半年もすれば組み合わせ
が変わります。
ホームは一度組むと2年も3年も
一緒ですから辛いところもありますが、幸い私は3年目からいい人と同
じ部屋になり、もう姉妹のようにお
付き合いさせていただきました。
 
私は目が見えないので、どんな目に
遭っても、どんなことがあっても
人には背くまいと思って生きてきま
した。
そうやって努めてきたからこそ、
いまはこんなに幸せで気ままに
生きさせてもらっているのだと思っ
ています。
若い時の苦は楽の種という言葉があ
りますが、百歳になったいま、その
ことをしみじみと実感しています。
 
※『致知』2000年4月号特集より

 ↑↑↑以上、抜粋でした。↑↑↑

私の人生も、皆さんの人生も、全てが意のままに言っているわけではないと思います。

意のままに行くことの方が、少ないのではないでしょうか。
意のままにならないことを仏教では
「苦」と言いました。


どう考えても不合理なことが、目のままで堂々と行われてしまうこともあります。

耐えるしかありません。

失ったもの、本来手に入れられるはず
だったもの、のことは忘れ、今持って
いる、小さくてもありがたい幸せに感
謝して生きていくことが大切なのか
もしれません。
TOPへ戻る