本文へ移動
650年の歴史と伝統を大切にしながら
「幸せへのお手伝い」
行っております。

新着情報とお知らせ

発想法
2022-01-12
松永安左門という人は、破天荒な方で
した。
しかし、単なる破天荒の遊び人ではあ
ません。日本の「電力の父」といわれ
るほどの大事業を行った方です。
この方の若い頃のエピソードです。
……………………
 
松永安左エ門は三十三歳のとき、
株に失敗、借金だけを残してスッテンテンになった。
 
その当時、人生は五十年といわれた。
 
このとき彼は人生五十年なら、
まだ十七年もあると考えた。
 
十七年しかないとは考えなかった。
 
そして、十七年もあるなら、
しばらく遊ぶのもよかろうと思った。
 
遊ぶとはいっても、酒色や歌舞音曲の類ではない。
暮しの些事にとらわれるのは煩わしい
と、二年分の家賃を工面して神戸の灘
に家を借り受け、中国古典の勉強に沈
耽したのだ。
 
自分は何のために生まれてきたのか、
何のために事業家になったのかを
古典を通して追求したのである。
 
危機に遭遇して人生の原理原則に立ち
返る。この発想法こそ「電力の鬼」と称
された松永の人格を創ったのである。
 
伝記作家の小島直記氏から聞いた話
である。
 
================
 
人は、逆境で育てられるのでしょう。
 
多くの偉人は、逆境の時に、中国の古典
勉強することが多いようです。
 
西郷隆盛も、野村克也も。。。
TOPへ戻る