本文へ移動
650年の歴史と伝統を大切にしながら
「幸せへのお手伝い」
行っております。

新着情報とお知らせ

苦が楽になってしまう。
2022-03-01
伊調馨
 (オリンピック レスリング4連覇)
 
 
「道を究めていこうと思えば、
 周りから見れば苦しい練習も
 苦しいとは思わなくなる。
 楽しいこと、
 当たり前のことに思えてくる」
 
______________
 
伊調馨選手は、オリンピック
4連覇という偉業を達成した特
別な選手です。女子レスリング
界では、おそらく伝説の選手と、
これから何百年とたたえられ続
けられることでしょう。
 
その偉人の言葉が、上記の言葉
です。
 
伊調選手ならでは、と考えてはい
けません。各人、それぞれに、そ
れぞれの持ち分それぞれの部署、
それぞれの立場で道を究めていけ
ばよいのです。
 
どうやれば、もっとうまく行くの
だろうか、という探求心さえあれば、
後はその人の能力によってオリンピ
ックで4連覇できる人もいれば、
分の場でそれなりに結果を残す人も
いるのです。
 
ある人は、僧侶として、ある人は自
動車の営業さんとして、専業主婦と
して、教師として、それぞれが自分
のできることに精魂を傾けていけ
ばいいのです。
 
人によっては、人並み以上のことを
達成できるでしょう。
人にっよては、人並みかもしれません。
しかし、それでよいのです。その自分
場で、探求心をもって、最善を尽く
していけばいいのです。
 
その探求心が、その行動が他人から
苦しそうに見えても、本人は楽しん
でやっていることが往々にして、よ
くあるのです。
 
みんな違って、みんないいのです。
TOPへ戻る