住職 松永慈弘プロフィール

こんにちは、松永慈弘と申します。
 
私はこの実相寺というお寺院に生まれました。寺院に生まれたからでしょうか、「多くの皆様を幸せへと導くお手伝いをさせていただくことが僧侶の本分である」という考え方を小さな頃からもち、様々な修行を経て僧侶の道をあゆみはじめました。
 
僧侶として行なうべきことは明確なのですが、具体的にどのような活動をすべきかを学ぶ為、様々な研修機関・修行道場をたずね、「行」に「学」に励みました。しかし、学べば学ぶほど、打ち込めば打ち込むほど、現代の時代性と仏教が乖離してしまっていることに気付きました。また、仏教の教え、特に日蓮聖人のみ教えが多岐にわたっており、逆に他の宗教のすばらしさが目に付くようになってしまいました。
 
そこで、他の宗教をもっと深く学びその過程を通して、日蓮宗の素晴らしさを知ることはできないものかとこころみたのです。その際、もしも日蓮宗以外で日蓮宗の教えよりもすぐれた教え(実際に多くの人々を幸福にできる教え)に出会えたら、自ら、改宗することも心に抱きながら、研鑽を積みました。キリスト教各派、、仏教諸宗さらには新興宗教・新新興宗教と呼ばれている新しく設立された宗派の勉強もいたしました。時には会員のふりをして、説法会に行ったこともありました。
 
その結果、どうだったのかと申しますと、多くの方々との出会いやお導き、そして神秘的な体験などにより、 日蓮宗のみ教えは最高に素晴らしい と確信することができたのです。特に「娑婆即寂光土」「仏国土顕現」という、この世の中をそのままで浄土にし、多くの方々を救うのだとする思想、さらにそのための手段もお残しになられている事、そして、あまり表には出ませんが、日蓮宗寺院の信徒さん方が実際に精神的にも、物質的にも、肉体的にも、幸せを享受なさっている事を知るにおよび、この日蓮宗の布教を通して一生の間、皆様の幸せのお役にたとう、たたせていただこうと心から確信することができたのです。
 
お寺に生まれた者の因縁なのでしょうか、不思議なもので、ご祈祷や霊断やご法話などにより、お困りだった方が幸せな笑顔を取り戻し、「お上人さん、ありがとうございます。」という言葉をいただくと、天にも昇る歓びを感じることができるのです。
「ああ、私は僧侶こそ天職だな」と思う今日この頃です。みなさん、よろしくお願い致します。
早稲田大学 第一文学部 卒業
立正大学 仏教学部宗学科 卒業
日蓮宗大荒行堂 初行 成満
日蓮宗大荒行堂 再行 成満
日蓮宗宗宗会議員
   (埼玉県・群馬県選出)
川越少年刑務所 教誨師会 理事
川口市PTA連合会 元会長